本文へスキップ

先進医療認定施設の眼科クリニック。つくば橋本眼科です。

電話でのお問い合わせはTEL.029-857-8840

〒305-0021 茨城県つくば市古来530


当院の手術方針について

T, 入院の有無

当院では白内障手術・緑内障手術を「日帰り」もしくは「一泊入院」で行っております。(硝子体手術に関しては一泊入院を推奨しております)どちらを選択するかは患者様の希望により決められますが、入院を選ばれる方は「やっぱりちょっと不安だから」、「家に帰ると、どうしても家族の面倒を見なければならないから」、「たまにはのんびりしたいから」、「保険金が入院でないと出ないから」という意見が多いようです。

当院では一泊入院の手術希望者が日帰り手術の希望者より多いため、早期の手術を希望される方は日帰りでの手術を選ばれることが多いです。



U, 手術への姿勢・手術件数制限について

 当院では現在、白内障などの内眼手術は週に12件までとしております。週に12件の白内障手術というのは開業医の中では件数が多い部類には入りますが、患者様一人一人の声を聞き、個別の手術計画を立て、入魂の手術を行い、術後も責任を持って術者が診察をする、という工程を院長一人で行うには週12件程度までの件数が適正限度と考えているからです。
 一般論として「手術件数が多ければ多いほど良い」との評価がありますが、必ずしもそれは当てはまらず、ある程度の量を越えれば繊細さが失われることは医療に限らないと感じております。当院の手術までの予約待ち時間は、概ねか月程度です。

(院長の手術実績は白内障手術だけでも1万件を越えますが、詳細な手術件数の公表は上記理由により控えております)



V、両眼同時手術の施行について


 「卵は一つの籠(カゴ)に盛るな。」この格言は古くから資産など大切なものを守る言葉として有名ですが、その意味は、「大事なものを一つのところに置いていると、万が一の時に全部一度にダメになってしまうので分散しておきましょう。」というものです。目も卵のようにデリケートなものですから、眼科手術においても古くから同じようなことが言われており、両眼同時手術は昔からタブーとされてきました。現在でも大学病院などの教育施設では、ほとんど行われておりません。しかし、近年、白内障手術の安全性が高まったこともあり、両眼同時手術を行う施設が散見されるようになってまいりました。

 以下に、両眼同時手術と片眼ずつ手術について、各々のメリットについて近年の論文を参考に述べます。

 両眼同時手術のメリットは、患者様の通院回数の減少や術者側の手間が省けるなどの利便性だけにあります。 医学的なメリットはほとんどなく、多忙な術者に好まれる傾向があると言われています1)

 それに対して、片眼ずつの手術のメリットは、初回手術の結果を踏まえて2回目の手術計画を立てられること、また、角膜浮腫や炎症、黄斑浮腫の回復が遅れることもあるため、それらが回復するまでもう一方の視機能を維持できることが挙げられます。術中術後に使用する薬剤なども時にアレルギーが出たりすることもあるため、両眼同時に発生するアクシデントを避けることにもつながります2)

補足となりますが、眼内レンズの度数設定に関しては、必ずしも理論値と実測値で一致するものではありませんので、まずは片眼で手術を行い、その患者さんにおける理論値と実測値のズレを参考としながらもう一方の眼の眼内レンズの度数を行うことで術後に予測する屈折度数の精度を高めることができます。
 当院では、両眼の視力低下の程度が同じくらいの患者様には、先に非優位眼(利き目でない)から手術を行い、優位眼(利き目)を後から行うことによって優位眼のレンズ設定の精度をより上げるように工夫しております。

 当院では、手術の施行に関し、利便性よりも安全性や正確性を重視すべきという考えから、両眼同時手術は行っておりません。

参考文献:
1) Surv Ophthalmol. 57(6):574-579, 2012

2) Surv Ophthalmol. 57(6):580-583, 2012

Tsukuba Hashimoto Optical Clinicつくば橋本眼科

〒305-0021
茨城県つくば市古来530
TEL 029-857-8840
FAX 029-857-8846