本文へスキップ

先進医療認定施設の眼科クリニック。つくば橋本眼科です

電話でのお問い合わせはTEL.029-857-8840

〒305-0021 茨城県つくば市古来530

診療のご案内

厚生労働省認定 先進医療実施施設

 当院では、白内障、緑内障や結膜炎などの一般眼科診療から、糖尿病網膜症のレーザー治療、眼底(硝子体)出血や網膜剥離、ぶどう膜炎などの網膜・硝子体疾患の治療、流涙症(なみだ目)の涙道ブジーや涙道チューブ挿入術まで、広範囲の疾患に対応し診療を行っております。
 加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫には、近年厚生省で認可されました抗VEGF薬の硝子体注射を積極的に行っております。

 白内障手術においては、先進医療の対象である多焦点眼内レンズの手術から乱視 矯正眼内レンズ、そして従来の単焦点眼内レンズを使用した小切開の超音波白内障手術まで、幅広い術式を患者様の病状に合わせて選択しております。また、白内障手術以外にも、硝子体手術装置、網膜冷凍凝固装置、眼内光凝固装置(眼球の中からレーザー光の発射が可能)等の機器類も用意しており、高水準の眼科手術を提供致します。

 
 当院では白内障手術を日帰りか1泊入院、緑内障手術や硝子体手術は1泊入院で行っておりますが、目以外の全身疾患がある方や超高齢の方、また、長期の入院を必要とする病状の患者様は適切な医設へのご紹介を行っております。


先進医療について

 先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる、有効かつ安全で高度な新しい医療技術のことです。
 先進医療は、国民の安全を守り、患者負担の軽減を図りつつ、医療の選択肢を拡げるために、保険診療との併用を認めるものです。

 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の定める「先進医療」です。手術費用に関しては、健康保険は適用されず100%自費負担となります。
 当院は「厚生労働省認定先進医療実施施設」ですので、手術費用以外に関しては健康保険が適応されます。



当院の手術方針について


当院の白内障手術について


眼内レンズの種類について


Tsukuba Hashimoto Optical Clinicつくば橋本眼科

〒305-0021
茨城県つくば市古来530
TEL 029-857-8840
FAX 029-857-8846